第8回 関東編入説明会を行いました!

9月21日にサイバーエージェント様に協賛して頂き、第8回編入説明会を開催しました!

関東編入説明会の開催の挨拶

これだけのスペースをお貸し頂きありがとうございました。

人気キャラクターのアベマちゃんと、石化したもの

昨年度までは当日フリートーク(懇親会)に参加する高専生からは500円を徴収していましたが、なんと今年は全高専生にフリートークに参加してもらい、参加費は無料という形をとりました!!
これもCyberAgentさんのご協力によるものです。
ありがとうございます!

代表の写真は全然なくこれしかありませんでした。(今後は各登壇者・運営の写真を取ることを意識します!)

当日の流れ

ここからはツイートと共に今回の説明会がどんなものであったかを説明していきたいと思います。
当日のスケジュールは以下のようになっていました。

画像では13時開始となっていましたが、11時頃からは希望者に向けた0次会が開催されていました!
0次会では合格した先輩方の使っていた参考書や、TOEICの秘訣などについて語られていました。

メモを取っていた高専生も多く、有意義な話が聞けたのではないかと思います。

0次会は12:30まで続き、昼食休憩の後についに開催が宣言されました。

次は協賛して頂いたCyberAgentさんの企業紹介でした。

多くの高専生も働くCyberAgent。編入とはまた違った分野のお話を聞き、視野が広がったという高専生も多いのではないかと思っています。

登壇大学一覧

登壇大学の一覧とタイムスケジュールです。

時間 大学名
13:20 筑波大 千葉大
13:40 電通大 茨城大
14:00 大阪大 東北大
14:20 休憩
14:40 長岡技大 東京海洋大
15:00 首都大 農工大
15:20 横国大 東工大
15:40 東京大

当日の様子はZENPEN公式Twitterのアーカイブや、公式YouTubeにアップした動画をご覧ください!

→ZENPENのYouTubeアカウントはこちら!←

すべての大学の発表を紹介することは難しいので、いくつかの大学に絞ってご紹介したいと思います。

筑波大学

今説明会初の発表者は、司会も行っていた筑波大学の学生でした。

筑波を愛し、筑波に愛された男。熱い気持ちを語ってくれました!

編入生がとても多く、やりたいことがなんでも取り組めるようです。魅力的ですね!

千葉大学

次は千葉大学の発表でした。

編入方法は推薦のみ、それも学校推薦と自己推薦の2パターンがあるという特殊な大学です。
口頭試問についても詳しく教えていただけたので、編入希望者にはとても有意義だったと思います。

大阪大学

次に紹介するのは大阪大学です。
工学部のみならず、文系の学部にも編入可能と言う特色があります。

キラキラ大学生になるための方法や、高度な研究を行える環境であることを伝えていただきました!

長岡技科大

後半戦最初の大学は長岡技科大です。

アジアで唯一のSDGsハブ大学で、「産業と技術革新の基盤を作ろう」という目標達成を目指しています。半年間の実務訓練があるらしく、海外留学も活発なようですね!

編入試験は推薦と学力審査の2通りがあり、推薦の場合は書類を一枚出すだけで良いそうです。

東京大学

今回は参加者や運営側が比較的スムーズに進んでいたため、15分間ほど熱く語ってくれました。
息抜きも時には必要ですね。体調管理が第一だと思います。

Twitterのモーメントに残しておきましたのでご確認をお願いします!

フリーセッション

各大学の紹介後は、気になったことや不安なことを先輩に直接質問できるフリーセッションです!
今回は長く話せる機会を、と思い軽食と飲み物を出してたっぷり2時間取りました!

高専生のためにおびただしい数のピザが運び込まれてきました。でも大丈夫!高専生はピザが大好き!!

編入生には、

  • 大学に行っても内部生徒の違いは感じない?
  • 編入で用いた参考書は何?
  • 自分の勉強したいことと一番近い学科を教えて欲しい!
  • 口頭試問の対策はどうやった?

など、ピザを片手にトークが交わされていました。

以下がフリーセッション時の大学の配置です。

予定にはありませんでしたが、東京大学と京都大学に合格したガチプロが突如降臨し、京都大学のスペースを生成して質問に答えていました。

最後には参加者全員で集合写真を撮りました。

この中から、

「ZENPENのおかげで志望校に合格しました!」

と言ってくれる高専生がひとりでも多く生まれることを祈っています!

最後に代表から一言

今回で現代表の糸長は降りることになりました!
次のイベントは早くて冬休みで、春休みには関西で編入説明会をする予定です。
今後のZENPENは学生以外にもOBなどが手伝えるような状況になる予感がしていて、さらに広い世界が見えると思います。
もし、合格して手伝ってもいいよという方がいましたら、ご気軽にZENPENまでご連絡をお願いします。
イケてる編入生が喜んで対応すると思います。
今後ともZENPENを宜しくお願い致します!

ZENPEN前代表 糸長 優磨