#東京高専で授業やってる!キャリア教育セミナーに参加しました!

この記事の目次

#東京高専で授業やってる!キャリア教育セミナーに参加しました!

 

こんにちは!ZENPENの中の人です。

悩むZENPENってどんな活動をしているの?と疑問に思う方も多いはず。

これまで毎年関東関西九州にて説明会を開催していますが、実はそれだけじゃないんですよ。

去年は釧路高専にお声掛けしてもらい編入に関する講演をしたり、他にも様々な活動を行っています!

今回は11/9(木)に東京高専にて学科横断キャリア教育セミナーに参加させていただきました!

 

主催人は東京高専OBの菅野さん!(株式会社m-gram COO)

今回のイベント開催の背景はこちらにまとめられています。

 

またチラシはなんと東京高専の学生さんがデザインされたのこと!

さすが高専生ですね!

このモチーフは高専卒業生が代表を務めるm-gramという会社の診断表ですね。(今年のGWに大流行しました)

高専キャリアセミナー図1.セミナーのチラシ

 

今回は高専に所縁のある方々がご登壇されていましたのでご紹介をします!

1.ベテラン経営者 青木様(株式会社スペースクリエイション/代表取締役)

〜クリエイティブエンジニアとしてのキャリア形成〜

青木さんは東京高専8期卒業され、就職後のちに独立して株式会社スペースクリエイションを起業されています。

やはり大先輩の言葉には重みがありましたね。

青木さんのプレゼンの中で”学校に閉じこもらない、1社の中に閉じこもらない”とありましたが、ベンチャー思考のある高専生はすぐにでもモノ、サービスを開発してお金を稼いだ方が経験になると思います。

 

・特に印象だった言葉

 

 

2.キャリアコンサルタント 石丸様(接点合同会社/代表)

〜自分の好きを仕事につなげよう〜

 

キャリアコンサルタントの石丸さんが偏愛マップを書こうというワークショップを実施しました。

内容的には、

・自分の「好き」をマインドマップで言語化する

・周りの人達でそれを相互にシェアする

・自分の好きなものを仕事に繋げていくイメージを持つ

高専生の偏愛マップはとにかく独特。石丸さんはこれまで様々な大学で偏愛マップに関するワークショップを実施されたらしいですが、高専がダントツで面白かったそうです!笑

まあ高専生からすると想像通りですけどね笑

 

面白かった偏愛マップ内の言葉

バイク(高専生あるある)

ドラクエ(11ストーリー短かったですよね)

ベクトル(高専ぽい)

ロシア語(???)

ベリリウム銅(???)

女、金(どっかの誰かさんが書いてました)

などなど

 

 

3.ZENPEN 

〜編入するということ、編入した後のこと〜

この流れで編入に関して包括的にお話しさせて頂きました!話した内容は後ほど記事でお伝えできればと思いますが簡単にまとめると、

編入のデメリット

・大学編入はタダではない。目的意識がないとお金が勿体無い

・学部では専攻を変えれない

編入のメリット

・モラトリアム

・専門特化 内部生に負けない実践経験がある

編入とは

時間を買っている

いい買い物になるかは自分の努力次第

編入がゴールでなく、スタート

*ウェイはほぼいません。

 

4.超絶カリスマOB 福田様(株式会社PALTEK/事業部長)

 

事業で億の大金を動かされている、東京高専OBの福田さんの講演!

プレゼンの内容は企業説明というより、高専生の視点に立って福田さんが高専時代に得たこと、実際に役に立ったことなど高尚なキャリアについての内容でした。以前も東京高専にて講演会にご登壇され大反響だったらしいです。(見たかった)プレゼンが面白すぎて高専生釘付けでしたね。

 

 

 

5.噂のドラクエお姉さん?? 大川様(NTTコミュニケーションズ)

 

最後は東京高専の学生なら一度は名前を聞いたことはあるはず!ドラクエが大好きな大川さんのご講演でした!

プレゼン資料がドラクエ風でとにかくドラクエへの愛を感じました。

大川さんは高専時代、Imagine Cup世界大会に出場し銀メダルを獲得されましたが、そのために毎日朝の4時まで研究室で作業されていたとか、、、

 

ドラクエお姉さん、世界大会出てる人だった #東京高専で授業やってる

— りゅーかん@高専キャリア教育研究所 (@RyuhiKanno) 2017年11月9日

 

 

まとめ

 

様々な方面で活躍されている高専卒業された先輩方はたくさんいらっしゃいますそんな先輩の生の声を聞くことは、進路選択において一番重要な要素かもしれませんね!他の高専でもこのようにOB,OGが高専生に対して語りかける場を頻繁に開催して欲しいと思いました。

今回、この場を提供した菅野さん!どうもありがとうございました!

 

 

ZENPENメンバー募集

ZENPENはこれからも高専発展のため、高専生、編入生にとってプラスになる環境を作り上げていきます。高専をよりよくしたい学生は是非ご連絡ください!高専生、編入生で同じ思いを持った方は5人くらい入るはず!連絡待ってます!

zenpen.hennyu@gmail.com

 

またこちらにて今回のツイッター上での意見がまとめられていますので気になる方は是非ご覧ください。