POLとZENPENが業務提携で高専生の大学編入後のキャリア支援 〜編入説明会でLabBaseに登録すると参加費がキャッシュバック!〜

理系に特化したスカウト型就活サービス「LabBase」を運営する株式会社POLと、高専からの大学編入を支援する団体ZENPENが、業務提携を開始いたしました。

その第一弾として、2020年3月14日に開催される「第9回関東ZENPEN編入説明会」にてキャッシュバックキャンペーンを行うことになりました。

キャンペーン詳細

第9回関東ZENPEN編入説明会では、高専生の参加費1,000円となっています。しかしながら、当日会場でLabBaseにご登録いただくと、参加費の1,000円がキャッシュバックされます。

LabBaseに高専生が登録するメリット

LabBaseは研究内容やスキルを登録しておくだけで、スカウトなどを通して企業とつながることができるサービスです。主に大学生・大学院生向けのサービスですが、高専生のうちから登録しておくことで、大学編入後のキャリアを考える手助けになります。

ZENPEN編入説明会に参加する高専生に「なぜ編入したいのか」を聞くと、「企業の研究者になりたいから」という答えを多くいただきます。LabBaseはそのような高専生・編入生にぴったりのサービスです。

今回の提携にあたって

株式会社POL・宮﨑航一

“研究者の可能性の最大化”を目指すPOLにとって、高専生の編入を継続的に支援されているZENPENさんは長年同士のように思っておりました。

これまでPOLは理系学生向け就活サービスである『LabBase』を通して、大学の学士・修士・博士の学生さんのキャリアを支援して参りましたが、今後ZENPENさんとの提携を通して高専生の学生さんのより良いキャリア選択に貢献できることをとても嬉しく思っております。

ZENPEN・鈴木駿太(代表)

これまでZENPENでは、高専から大学に入るところまでは応援できていましたが、その後のキャリアについては十分な応援ができていませんでした。なぜならば、編入後に研究が始まればとても忙しいですし、イベント等に出向くにしても地方の大学に編入すると地理的な難しさがあるからです。つまり構造上の問題があるのです。

今回、POL様との提携によって、そのようなキャリア形成における構造の問題を解決し、より編入生が高専出身者である利点を生かしたキャリア形成に力を入れることができる環境づくりができると思っています。

各企業・団体について

株式会社POL

POLは「研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する」をビジョンに掲げるLabTech(研究×テクノロジー)企業。自身も東京大学工学部在学中で理系学生である代表の加茂が、「研究者の可能性を最大化し、科学と社会の発展を加速したい」との想いから2016年9月に創業。理系に特化したスカウト型就活サービス『LabBase』と産学連携のプラットフォームサービス『LabBase X』を運営している。
https://labbase.jp/

ZENPEN

各高専ごと、地域ごとに存在する大学編入の情報格差を解決するために2014年3月に設立。全国各地で編入説明会を開催し、これまでにのべ1500名以上の高専生が参加。日本最大級の編入学情報プラットフォームを形成している。
https://www.zenpen-kosen.com/


今後とも、株式会社POLとZENPENは、高専生・編入生のキャリアを全力でサポートしていきます!

本件に関するお問い合わせは、ZENPEN お問い合わせページよりお願いいたします。