編入体験談 東京大学
 電子情報工学科 2016

自己紹介

 

[名前] K.M
[出身高専 学科] 八戸高専 電気情報工学科
[学科順位] 3年1位 4年1位
[受験の年] 2016 年度
[受験大学] 東京大学 
[受験科目] 英語 数学 物理
[併願大学] 大阪府立大学 大阪大学
[部活や資格] 電子情報工学部 バドミントン部

 

受験内容

 

[動機]

・東京大学の試験に挑戦してみたかった。
・優秀な人のいる環境に身を置きたかった。

 


[1~3 年]

定期試験の勉強を頑張る程度で編入用の勉強はしていませんでした。

 


[4 年前期]

編入の勉強をスタートしました。数学の3年までの復習と英語の文法や単語など基礎的なことをしていました。プロコンに力を入れていました。

[4 年後期]

英語
・単語
・Forest
・TOEIC対策
数学
・徹底研究
物理
・セミナー物理
・基礎物理学演習

[春休み]

数学
・徹底演習
英語
・長文対策
・キムタツリスニング
・単語
物理
・基礎物理学演習

[5 年4月]

一番つらい時期でした。
主にいままでの復習をやっていました。
過去問を解き始めました。
英語6割、数学5割、物理2割くらいの手応えでした。

[5 年 5 月]

過去問と復習を上旬にしていました。
後半は府立大の受験のためにベクトル空間とかの勉強をしていました。

[5 年 6 月]

物理が壊滅的だったので演習力学などの熱・統計力学演習などをやりました。時間がなかったので読むだけで実際に解いたりはしませんでした。
数学は微分方程式や複素関数をマセマで勉強しなおしていました。
過去問の物理ができる年とできない年の差が激しくて諦めていました。

[試験当日]

緊張からか全く眠れなかった。

[試験内容]

【英語】
リスニングは内容は理解できませんでしたがだいたい解けました。
少し時間が足りなかったです。
7割くらいの手応えでした

 

【数学】

6割くらいの手応えでした。

【物理】
3割くらいの手応えでした。

[面接]


 

覚えてないですが日本語でした。

 


[後輩に伝えたいこと]

量子力学などのほとんどでない分野には時間を割かずに頻出な分野を集中して勉強することをおすすめします。

[おすすめの参考書]

英語 Duo
数学 徹底研究とかのやつ
物理 特になし