2016年:千葉大学工学部共生応用化学科

自己紹介

[名前(ニックネームで可)] 
きょうこ
[出身高専 学科] 
長岡高専 物質工学科
[学科順位] 
3年 2位 4年 1位
[受験の年] 
2016
[受験大学 受験科目] 
千葉大学工学部共生応用化学科 推薦(口頭試問)
[併願大学] 
なし.(推薦が落ちた場合に考えていたのは金沢大学,長岡高専専攻科など)
[部活や資格] 
TOEIC770,英検2級 

受験内容

[動機] 
千葉大学を選んだ最大の決め手は推薦選抜があったこと.あとは研究内容や立地などを考慮した.
[1~3年] 
編入することは視野に入れていたが,具体的な大学は決めていなかった.
[4年前期] 
少しずつ編入先を考え始め,夏にはオープンキャンパスへの参加を行った.
[4年後期] 
編入先を千葉大学に絞った.千葉大学の推薦基準を満たすために,必死で勉強.
[春休み] 
口頭試問対策として,専門分野の復習をスタート
[5年4月] 
引き続き,口頭試問を意識して,専門科目の復習に集中した.問題を解くというよりは,教科書を熟読.内容の理解に重点を置いた.
[5年5月] 
引き続き,専門科目の復習に徹した.それと並行して面接練習も行った.そして,月末の面接に挑む.
[5年6月] 
6月上旬には推薦合格が決まった.

試験当日 

[試験内容] 
口頭試問,面接
[面接] 
面接:高専で研究していること,志望動機,編入後に入りたい研究室.  
口頭試問:有機化学,物理化学などの基礎知識.数学の基礎知識.実験手順のような英文の和訳.

後輩に伝えたいこと 

千葉大学は,推薦をとることが第一ステップです.4年次の成績を上げることが合格への近道だと思います.

おすすめの参考書 

授業の教科書のみ使用.

大学生活について 

楽しいですが,忙しいです.

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。