2018年度:北海道大学工学部 機械知能工学科

自己紹介

[名前(ニックネームで可)]M.T.
[出身高専 学科]津山高専
[学科順位] 3年 4位, 4年 3位
[受験の年]2018年(2019年度入学者選抜)
[受験大学 受験科目] 北海道大学
特別入試:小論文・口頭試問 → 不合格
一般入試:数学・物理・化学・TOEIC・口頭試問 → 合格

[併願大学]
岡山大学(合格),首都大学東京(合格),津山高専専攻科(合格)

[部活や資格]  ソフトテニス部(1~4年)・TOEIC625点(受験時提出)

受験内容

[動機]
宇宙工学を学びたい・ロケット研究が強いところが良い
北海道行ってみたい
研究室訪問時の雰囲気がとてもよかった

[4年夏休み]
数学・電磁気を少し勉強する程度
興味のある研究室を片っ端から回っていた.
航空系と宇宙物理系のインターンシップに参加した.
TOEIC500点

[4年後期~5年5月]
数学・TOEIC・物理をだらだらとやっていた
TOEIC 3月:595点
5月:625点

[5年6月]
北大特別入試の対策をやっていなかったので
口頭試問・小論文対策を行った.

[5年7月]
首都大の対策に力を注いで,
基礎的な数学・物理の復習

[5年8月]
北大化学をほとんどやっていなかったので
過去問見ながら対策

試験当日

[試験内容]
特別入試:口頭試問&小論文
小論文は例年と似たような傾向の問題
口頭試問は論理的思考力や根本的な知見が問われるような問題(なぜこうなるのかを説明できないといけない)
受験者数は機械知能工学科で10人くらい

一般入試:似たような傾向だったが,熱力学の計算量が多く,時間がかかった.受験した人の多くが言っていたが,今年は数学は簡単,物理は難しい印象
一日目は筆記のみなので私服の人が多かった
スーツは動きにくいのであまりお勧めしません
受験者数は8人くらい

[面接]
一般・特別入試ともに口頭試問と志望動機くらいしか聞かれなかった.
他の事(学生時代に頑張ったことなど)には興味がない感じだった.

後輩に伝えたいこと

情報収集はかなり大事
興味のある大学の研究室訪問に行った方がよい
(私は受けた大学プラス2つの大学に研究室訪問に伺いました)
TOEICをだらだらとやって2018年5月くらいにやっと600点台になったので早めに取っておくほうが良い.
北大のテストは,ほかの旧帝大と比べ簡単なので,凡ミスしないようにする.また学科によって各科目の配点が違うので,どれに重点を置くかはかなり重要
自分の感覚では,数学9割・物理6割・化学1割・英語TOEIC625点・面接8割くらいのできでした.

おすすめの参考書

・全般
基礎的な内容を理解するにはキャンパスゼミシリーズがおすすめ
・数学
徹底演習・研究などの編入対策問題集
・物理
サイエンスライブラリー・名門の森・詳解演習
・英語
金のフレーズ・新公式問題集