2020年度入学:大阪大学基礎工学部システム科学科機械科学コース

自己紹介

[名前(ニックネームで可)] E.M
[出身高専 学科] 神戸高専機械工学科
[学科順位] 3年:2位 4年:2位
[受験の年] 2020年度入試(2019年夏受験)
[受験大学 受験科目]
大阪大学基礎工学部システム科学科機械科学コース:合格
英語(英文和訳、長文、和文英訳の3題構成)
数学(微分積分、線形代数、確率の3題構成)
機械専門科目(材料力学、流体力学、機械力学、熱工学の4題構成)

[併願大学]
●神戸高専専攻科:合格

●大阪府立大学工学域機械系学類機械工学過程:合格
機械専門科目(材料力学3問、熱力学2問、機械力学2問(振動1問、機構学1問))
英語(部分英文和訳、全文英文和訳、和文英訳の3題構成)

●大阪大学工学部応用理工学科機械工学科目:出願のみ
英語
数学(微分積分、線形代数、確率、複素解析)
専門基礎科目(物理(力学、熱力学)、材料力学、流体力学)
※解いていないため、過去問を参照してください

[部活や資格] 
バスケットボール部(~3年夏)
ものづくり研究会(3年夏から1シーズン)

TOEIC公式テスト:610点(4年11月受験)
TOEICIPテスト:655点(4年11月受験)
その他珠算関係の資格あり

編入体験談ブログ&Twitter

編入体験談ブログを作成しています。
詳しくは以下を参照してください。
https://agag-hennnyu.hatenablog.com/

Twitter:@eijimatsumotoAg

動機

もっと勉強したかった。
高専の講義レベルの低さに気付いたため、よりレベルの高い環境で勉学や研究をしたいと思った。
基礎工には興味のある分野の研究室があった。
様々な学部の学生とつながりを作りたかったため、総合大学に行きたかった。
自宅から通える。

科目毎の勉強内容

[数学]
微分積分&線形代数:編入数学徹底研究⇒編入数学過去問特訓
確率:細野真宏の確率が本当によくわかる本

[英語]
英単語:システム英単語
英熟語:速読英熟語
英文法:あまり勉強していない
読解書:英文読解入門基本はここだ!
長文:あまり勉強していない(速読英単語上級を少し読んだ)
和文英訳;ドラゴンイングリッシュ
TOEIC:金フレ、文法特急、公式問題集
[機械専門科目]
材料力学:授業プリント、ノート、材料力学(森北出版)、PEL材料力学、ネット問題
流体力学:演習で学ぶ「流体の力学」入門
機械力学:基礎演習機械振動学
熱工学:例題でわかる工業熱力学、熱・統計力学演習

※詳しくは編入体験談ブログを参照してください。

試験当日

[試験内容]
英語(問題は過去問を参照してください)
昨年出ていた自由英作文は出題されませんでした。
難易度はおそらく例年通りですが、できませんでした。
出来はおそらく5割程度

数学(問題は過去問を参照してください)
これが基礎工の数学??とびっくりするぐらい簡単に感じました。
問題1:微分積分
(1)簡単な微分方程式の初期値問題
(2)(1)で求めた関数を用いて、2変数の関数を定め、それを被積分関数とする重積分。変数変換したら一発です。
僕はヤコビアンの絶対値だけ取り忘れて、そこだけ少し減点です。
出来は9割
問題2:線形代数
トレースの問題でした
(1)ある行列Aの固有値、固有ベクトル
(2)tr(A)が固有値の和に等しいことを示す
(3)3次正方行列B,Cについて、tr(BC)=tr(CB)を示せ
(4)Dが3次正方行列、異なる固有値3つもつとき、tr(D)が固有値の和に等しいことを示せ
簡単でした。最後の証明も解けたので良かったです。
出来は10割
問題3:確率
典型的な確率でした
6以上の自然数Nについて、1,2,3,…,Nの数字から無作為に6つ取り出し、大きい順にX1,X2,…,X6とする
(1)N=10の時、X4=6となる確率
(2)Nが任意の時、X4=5となる確率P(N)
(3)P(N)が最大となるNとその時のP(N)
細野真宏の確率をしていれば、余裕の満点だったと思います。
出来は10割
全体:9.5割

専門(問題は過去問を参照してください)
問題1:材力
典型的な不静定トラス
初めて不静定トラスを解きました。誘導が優しかったです。
出来はおそらく10割
問題2:流体
管路抵抗の合流
初めて見ました。ベルヌーイの定理と管摩擦の考え方で解けるかな?と思ったけど、全くできませんでした。
他の受験生もあまりできていなかったみたいです。(自分の使っていた参考書には載っていなかったけど、学校の教科書には載っていた、、、)
出来は1割
問題3:機力
1自由度減衰系の強制振動(地面が変位?)
簡単な問題だったのですが、強制振動解がわけわからなくなったので、おそらく間違えてます。
出来はおそらく6割
問題3:熱工
状態方程式が与えられて、偏微分しまくって証明
偏微分の勉強をしていれば、そこまで難しくないかと思います。
導出が少し怪しいかもしれません
出来はおそらく8~10割
全体で6割ぐらい?(もう少しありそう)
[面接]
面接の流れ(基礎工機械以外は分かりません)
待合室で待っていて、呼ばれたら、荷物は持って、待合室の前の椅子にて準備。
前の人が終われば、ノックして入室。
その後入り口横に荷物は置く。
椅子の横で、受験番号、名前を言う
指示があったら、受験票を面接官に渡し、着席。
質問に答える。
面接終わりに、受験票が渡される。
荷物を持って退出。
面接の内容
・志望動機
・将来何になりたいか
・試験の出来、推測(大問ごとに細かく答えた)
・併願校、受験校
以下、試験の出来にて、一切授業で習っていなかったと言ったため
・トラスのこと
・熱工偏微分のこと、どのように勉強したか

※詳しくは編入体験談ブログを参照してください。

後輩に伝えたいこと

編入試験は情報、努力、運だと思います。
ZENEPENさんやその他の体験談を参考にしたり、先輩に連絡を取って情報を集めてください。
僕も連絡が来れば可能な範囲でサポートします。
あとは死ぬ気で他の受験生に負けないように勉強してください。
志望校は高いところを目指すのが良いと思います。
そして一度志望校を決めたら、レベルは落とさない方がいいです。
不合格になっても諦めがつくと思います。
僕個人的には、学校の授業やテストは大切だと思います。
3年生以下の人は、学校のテストも頑張ってください。
参考書は1冊を何回もすることが大切だと思います。
編入予備校は必要ないと思います。
高専の先生に質問すればいいので、、、
頑張ってください!

おすすめの参考書

英語
英文読解入門基本はここだ
システム英単語
速読英熟語
ドラゴンイングリッシュ基本英文100
数学
編入数学徹底研究
編入数学過去問特訓
細野真宏の確率が本当にわかる本
専門
材力授業ノート、プリント
材力ネット上の問題
演習で学ぶ「流体の力学」入門
例題でわかる工業熱力学
熱・統計力学演習
基礎演習機械振動学