編入体験談

2022年:豊橋技術科学大学 応用化学・生命工学課程

自己紹介

名前:Picc
出身高専:高知高専(化学系)
学科順位:1年:40/42 2年:20後半/42 3年:下から5番目くらい 4年:20/37
受験年:2021
受験大学(受験科目):豊橋技術科学大学 応用化学・生命工学課程(学力入試)
併願大学:徳島大学(合格)
部活や資格:部活:吹奏楽部 資格:TOEIC 620点、危険物乙種2,4,6種
TwitterID:hyko2511

なぜ編入をしようと思ったか

4年前期にコロナ渦が発生し、「就職氷河期になる」という話をきいて今までの自分の成績では絶対に就職できないから進学しよう、と思ったことがきっかけ。

学年ごとの勉強内容

1~3年

クラス順位を見ればわかるように、冗談抜きで勉強しない学生だった。
テスト期間でもまともに勉強した記憶がなく、吹奏楽部の先輩に頼んで勉強を教えてもらってぎりぎりで単位を取っていた。

1年生と3年生で複数個の単位を落とし、計3回再試のお世話になった。特に3年生では「あと1単位落ちたら留年」という笑えない状況に陥った。

結果的に1度も留年することなく進級できたが、こんな状況で編入のへの字もなく、3年の春休みまでは就職一択だった。

3年の春休み、担任から「取得単位数がクラス最下位(=留年に1番近い)だけど大丈夫?4年生でいっぱい単位とらないと卒業できないよ?」というメールが届いてしまった(´・ω・`)

4年前期

コロナ渦発生により、前期がすべて遠隔授業になった。
担任からの「今年は就職氷河期になる」という話をきっかけに、何を思ったか「今までの自分の成績では就職なんてできない。なら進学しよう!」と決意。

遠隔授業の傍ら大学探しを始めるものの、受験勉強は一切せず。

7月にあった豊橋技科大のオンライン説明会で、なぜか豊橋技科大に一目ぼれする。自分が行くべき場所はここだと強く思い、豊橋技科大を大本命に定める。
編入すると決意したにもかかわらず、夏休みも全く勉強することなく終わる←??????

4年後期

4年秋

ようやく受験勉強開始。
豊橋技科大の受験についてネットの情報をかき集め、受験勉強の方針を以下のように固める。

英語
  • 単語を覚える→TOEIC対策→豊橋の過去問

まず金フレのみを進めた。10月に受けたTOEICが340点だった。

数学
  • 編入数学徹底研究→学校の数学の課題を解く→豊橋の過去問

編入数学徹底研究を購入したものの、1番最初のn次導関数からいきなり詰む。
今までの数学をほぼ理解していなかった上にきれいさっぱり忘れていたため、1P進むのに2時間とかザラにあった。それでもとにかく食らいつき、少しずつ少しずつ進めた。

国語
  • 過去問

勉強時間は

  • 9月:スタディプラスを使っていなかったため記録なし
  • 10月:6時間
  • 11月:18時間

4年冬

英語

単語だけでは限界を感じ、文法のでる1000と公式問題集を1冊購入。この頃は「金フレで単語をやる→でる1000やる」という流れで勉強していた。たまに公式問題集をやっていた。

でる1000は2月くらいにやっと1周できた。

数学

編入数学徹底研究を進めた。演習量が少ないと感じていた時、学校の課題に似たような問題が大量に載っていることに気づき、並行して学校の課題を解いていた。基本的な微分積分、偏微分、重積分は学校の課題でかなり鍛えられた。

勉強時間は

  • 12月:18時間
  • 1月:76時間
  • 2月:53時間

4年春休み

英語

変わらず金フレとでる1000と時々公式問題集。

金フレの単語数がちょうど1000個だったため、1~500を前半、501~1000を後半と分け、前半の単語をやる→後半の単語をやるという流れをひたすら繰り返して2日で1周していた。もちろん覚えていない単語や忘れた単語もたくさんあったが、繰り返すことで徐々に覚えた。

同時に出る1000もひたすら繰り返し解いた。 

3月下旬に受けたTOEICが475点だった。この時期に銀フレとZ会の速読英単語に取り組み始めた。

また、リスニング対策として、金フレや銀フレの音声を1.6倍速で聞いたり、でる1000の音声にあわせて音読したりを毎日していた。これはかなり効果があった。

数学

編入数学徹底研究と学校の課題をひたすら繰り返した。徐々に解くスピードが上がっていき、うれしかった。豊橋の過去問もたまに解いていた。

勉強時間は

  • 3月:169時間

5年前期

英語

「金フレor銀フレ→速読英単語→でる1000」を毎日こなしてから豊橋の過去問や公式問題集を解いていた。過去問で分からなかった単語を調べて覚えることもした。

5月に受けたTOEICで620点を取り、頑張ってよかったと思った。

受験がある6月が近づいてきても、金フレと銀フレとでる1000は欠かさずやっていた。最終的に金フレ100周くらい、銀フレ30周くらい、でる1000は10周以上したと思う。過去問は手元にあった7年間分を2.3周した。

数学

同じように編入数学徹底研究、学校の課題を繰り返しつつ豊橋の過去問と徳島大の過去問を解いていた。たまに和歌山大の過去問も解いていた。

この時点で編入数学徹底研究を20周くらい解くことができ、9割近くは解けるようになっていた。そのため、過去問中心に切り替えた。

6月が近づくにつれ過去問の割合を増やしたが、編入数学徹底研究だけは欠かさずやっていた。

国語(この時期から開始)

過去問を解いていた。

面接

徳島大も豊橋も面接があったため、6月から話す内容の準備をした。

受験校が豊橋しかなかったため、過去問を見て問題の傾向が似ている徳島大を併願校にえらんだ。

勉強時間は

  • 4月:115時間
  • 5月:145時間
  • 6月:130時間

試験当日

試験内容

徳島大

大学のHPで3年分の過去問が公開されているので、そちらを見てほしい。請求もできるみたい。過去問の内容に近い問題がでた。

豊橋技科大

英語も数学も国語も、だいたい過去問に近いかなという感じ。ただ、国語は長文が例年に比べてやや難解な内容になっていた。数学はマクローリン展開とか微分方程式とか、あまり過去問で見たことない問題が多かった。

面接

徳島大

公開していいのかわからないため、面接内容を公開することは控える。申し訳ないです。

豊橋技科大

集団面接だったため非常に緊張して、変なことばかり言ってしまった。受験後、これは絶対ダメだと落ち込んだ。

内容はネットにたくさん掲載されている面接内容そのままという感じ。きついことを聞いてきたり圧迫面接したり、とかはない。

後輩に伝えたいこと

最初に書いているように、とんでもなく成績が悪い編入のへの字もないような学生だったが、がむしゃらに勉強することで大本命の豊橋技科大に合格することができた。あくまで個人的な感想だが、「(学力入試は)当日の点数でほぼ決まり、高専の成績はほとんど関係ない」という噂はあながち間違っていないと思う。

低学年時の成績が悪かった、推薦がとれなかった、という人も、頑張って勉強してほしい。
受験勉強はめちゃくちゃつらかったが、今は頑張って本当に良かったと思っている。
合格した時の喜びは格別なので、頑張ってください!

長いうえに読みづらい体験談になってしまったため、何か聞きたいこととかわからないことがあればツイッターのDMに送ってください。鍵垢&ツイートしてないけど頻繁に見てますので(笑)

オススメの参考書

使った参考書はすべておすすめ。

  • 金フレ
  • 銀フレ
  • 速読英単語(必修編)
  • TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問
  • TOEIC公式問題集
  • 編入数学徹底研究