編入体験談

2023年:茨城大学 機械システム工学科 数学・工業力学

自己紹介

名前:ほげがし
出身高専:茨城高専 機械制御系
学科順位:4年: 50位/80人 
受験年:2022
受験大学(受験科目):茨城大学 機械システム工学科 数学・工業力学
併願大学:千葉大学/筑波大学
部活や資格:ロボ部(在籍していただけ)/資格特になし

なぜ編入をしようと思ったか

研究者になりたいため

学年ごとの勉強内容

1~3年

学年真ん中位をキープしていました。

4年前期

周りが編入の勉強を始めましたがぼーっとしていました。

4年後期

周りが編入の追い込みを始めましたがぼーっとしていました。

5年前期

ここらへんで編入先を調べ始めました。やる気が出ず、学力試験がない千葉大学と、県内にある茨城大学と筑波大学を受けることにしました。

入試三日前に過去問を解くと、どちらも0点でびっくりしました。

残り二日だったため、前々日に数学、前日に工業力学を対策しました。
やったことは以下です。

数学

微積、線形代数、微分方程式、複素数だったため、Wolfram Alphaに課金して過去問の解答解説を作成し、それを理解することに努めました。それぞれ過去問の理解度を70%位にして臨みました。教科書をなくしていたのでかなり大変でした。図書館で借りました。

工業力学

同級生の助けを得て、過去問の解説を作成し、それの理解に努めました。同じく理解度70%くらいまでにして臨みました。教科書をなくしていたのでかなり大変でした。図書館で借りました。

試験当日

試験内容

大体過去問と同レベルでしたが、工業力学がほぼ物理でした。教科書の例題を覚えているタイプの人にはつらかったと思います。私はそこまでテンプレートにする時間がなかったので、結果的に力まずに解けました。

面接

ありませんでした。

後輩に伝えたいこと

教科書レベルの問題ばかりなので教科書を理解したほうが良いです。

オススメの参考書

教科書を持っているはずなのでそれを完全理解するのが良いと思います。